従業員養成の洗脳から抜け出しましょう

「自分の子どもを“持ってみたい”」という24歳男性

以前、こんな記事を書きました。 rioplus.hatenablog.com 今回は男性にでしたけれども、 性別の違いはあれど、似たような疑問にお答えいただけました。 自分の子供を「持ってみたい」から結婚すると思います。とのたまう24歳 ところでわたし個人的には、子供…

「小児科に連れられてきた幼児」にしか見えない受験生

「お母さんと仲良し」なのは決して悪いことではないと思うのですが、 受験生になっても当たり前のように親の付き添いがあるのは、 わたしにとっては異常な光景にしか見えません。 子供がひとりで行動できない人間になるよう、親自らが施している という残念…

「ばら撒き用」の土産なんて要らん

たまにいるんですよね、 こういう人。 行った先自慢をしたいだけなのか、 よほどお金が余っているのか、 「いかにもばら撒き用」のお土産を 平気でよこしてくれるお人が。 ひねくれた考え方や見方をすると言われても まったく構わないのです。 人に物を差し…

「35年」束縛を当たり前と思うのってどうなの?

誰が決めたのか知りませんが、 「結婚したら家を買う」 の刷り込みを、いまだに実践するカップルは思いのほか多いようですね。 自分たちが買いたいから「家を買う」 のではなく、 「買わないといけない」 と思い込んでいるからなのか、 結婚とセットにするの…

わりと深刻、「間違ったらいけない」症候群

わたしの現在の身の周りにいる、 自分よりひと回りほど若い人に接していると 「間違ったらいけない」 と、割と深刻に考えている人が多いようです。 それはわたしの周りにいるごく一部の人たちだけなのか、 一般的になのかは知りません。 仕方のないことなの…

「無休自慢」ってどうなのさ

コンビニでレジ待ちしていた時に、 わたしの個人的な感覚からでは おかしな人を見かけました。 レジを担当してくれた店員さんに向かって、 「最近土日関係なく仕事で休みなしだよ~」 となぜか自慢げに話していたのです。 自慢するかのような声色で、 といっ…

「子供のため」は「親自身のため」、の間違いじゃない?

こんな話を聞きました。 お子さんの受験について、 「子供のために親がしっかり将来を見据えた進学先を決めてあげる」 という目標を持つという人がいるのだそうです。 わたしは又聞きのためそのかた本人がどういう人なのか知りません でも、言わせていただく…

子供を産む理由が「産んでみたいから」、がわからないのです。

わたしの頭では全く理解できないことで、 どなたか回答してくださるのを待っている話があります。 子供を産みたい理由が、 「女として生まれた以上は子供を産んでみたいから」 に終始する人の考えです。 それは年代問わずのようですが、 自分の彼氏に結婚を…

「親になる準備をした」人が親になって欲しいと思うのですが。

わたしには兄弟が3人もいます。 言っても仕方ないことだとわかっていますが、 いまだに自分の親の無計画な子作りには物が言えません。 母親の宗教が原因で父親とのケンカが絶えず、 2人そろって子供への両親の姿の影響を まるで考えていなかったような親でし…

当たり前の名前をつけてあげるのは親の責任。じゃないの?

今に始まったことではありませんが、 生まれた子供に当たり前の名前をつける親を「やっている」人って、 相変わらず少ないように感じますね。 その「当たり前」という意味自体、 今では通じなくなっているようですけれども。 なんて読むのかまるでわからない…

せいふくこわい

わたしの今の勤め先は制服を着なければなりません。 制服のある会社で良かった なんて思ったことはまずありません。 しみったれた話に聞こえますが、 制服のある会社のメリットは 出勤同時に着替えないとならないため、 私服の傷みが少なくなる くらいでしょ…

「傷つきたくない」から効率を求める人たち

ライフスタイルとは勝手に出来上がるものではなく、 どこかで選択するものなのだ 本田直之 自動的に「そうなる」と信じて疑わない人 これは他人様から聞いた話ですが、 ある一定の年齢に達すれば「自動的に」ある立場に移行できる と考えている人が多いとの…

「基本ができていない」のは、誰のせい?

わたしにはテレビを見る習慣がありません。 なので、芸能人と言われる人たちの顔と名前が一致しないなど 日常茶飯事です。 先ごろ「話題に」なっていたとかで耳にした話で、 どこぞの女優の二世の俳優(?)が暴行事件を起こしたとかあったそうですね。 どう…

親離れ子離れできない人たちの姿を見て思うこと

「ママと一緒」が一生続く基礎づくりの現場を見た瞬間 先日、スーパーで買い物の会計待ちをしていた時のことです。 体格から察して、間違いなく中学生であろう男の生徒さんが、 状況的に母親だろうと思われる女性の二人連れに凍りつきました。 女性の肩に男…

「学校はどこを出たの?」と聞きたがる人って・・・

先に言わせていただくと、 「大きなお世話だ」 のひと言で切り捨てたくなる愚問の筆頭に挙げられる のではないでしょうか。 先日、聞くともなく耳に入ってきた他人様の会話で、 あまりにも野暮ったい質問をする人がいて、 まったく無関係ながら、うんざりし…

学校教育を叩き込まれると自分の頭で考えることを「知らない」人間になる

大多数の現代人は学校教育の「信者」 以前の会社にいた時の話です。 大学受験を控えたお子さんを持つ親をしている年代の人が (一応の)同僚に数人いましたが、 その人たちが寄ると触ると話している内容はこんなことでした。 「とりあえずどこでもいいから浪…

言われるうちが花、を知らない人

耳の痛いことを言われなくなったら終わりですよ 会社制度で働いていると、 自分が恥をかいていていてもそうと指摘したり、叱ってくれたりする人には、 ほぼお目にかかることはできません。 わたしが約10年間の薬害の洗脳から脱出して、 社会復帰して勤めた会…

「拘束される」違和感をマヒさせない

やることがないほうが得をすると思う? 過去、自分も含め身の周りにいた人に、こう言っていた人がいました。 「やることが特になくても仕事に来ればお金になるから」。 繁忙期はともかく、 出勤すればとりあえず給料には差し障りがないし やることが特になく…

学校という「従業員養成所」

学校の成績なんて社会では役に立たないと思うのです 学校に一生懸命マジメに通っていい成績を修めたら、いい会社に入れる という幻想は、いつ時代のものなんでしょうか。 ちなみにわたしは高校生の時に、 大人に都合の良い意味での「いい子」であったことが…