読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「子供のため」は「親自身のため」、の間違いじゃない?

こんな話を聞きました。

 

お子さんの受験について、

「子供のために親がしっかり将来を見据えた進学先を決めてあげる」

という目標を持つという人がいるのだそうです。

 

わたしは又聞きのためそのかた本人がどういう人なのか知りません

 

でも、言わせていただくと

「それが子供にとって、

余計なお世話だってどうしてわからないのかな~」

ということですね。

 

その人がなぜそういう世話を焼くかというと、

そのお子さんがまだ

「自分の将来をしっかり決められるような年じゃないから」

という理由で、

親が代わりにそのレールを敷いて「あげる」そうなのです。

 

なので、わたしはまるで赤の他人ですけれども、

それが余計なお世話だって思ってしまったわけです。

 

親の先回りの行動は子供の意思を「認めない」ことです。

その親御さん本人が、

ご自分の今までの人生にどうしても納得が行かず、

「受験し直して人生やり直したい」

などと思うのは自発的な意欲だと思うのです。

 

なんの問題もありませんね。

自分で疑問に思って自分で決めて自分で行う。

強制されて行動することと比べて達成できる可能性は高いでしょう。

 

学校に行き直したところで

時間とお金のさらなるムダ遣い以外の何者でもないのですが、

自分で決めて実行する分には問題はないと思うわけです。

 

でも、

親は子供になんでも口出しして構わないと思っていること自体に、

なんとも違和感を覚えるのです。

 

そういう親にその意識はおそらくないでしょうけれどもね。

 


先の人のように、自分の子が

「まだ自分の将来を決められるような年ではない」

決めつけたうえで、

「親がその代わりをしてあげる」

という考え方自体、おこがましいと思うのですね。

 

百歩譲ってまだ「頼りない」年代だからという理由で、

自分の将来をきちんと考えられるように親も一緒に考えるのが、

本来自然な気がするのですが、違うのでしょうか。

 

「子供には決められないから親が代行」。

そんなことをやったら、一生その子供さんは、

親の段取りや指示待ちしかできない人間になってしまう可能性が

とても高くなると思いますね。

 

こういう場合でも子離れできない人間によって、

親離れできない予備軍が量産されていくのでしょう。

 

ちなみにそのお子さんの年のころは、

「義務教育」の年代だそうです。

 

お子さんの進学に関する話なはずなのに、

本人不在で親が先回りして大学の選定をしていたそうなのですね。

 

「学費が安いからという理由だけで潰しが利かない大学に入れたら、

そこで人生詰んでしまう」

という話で、ご夫婦のご主人が納得させられてしまったそうです。

 

ここでもクチバシを挟ませていただくと、

大学なんぞに行かせるお金があるくらいなら、

今のうちにもっと違うことで有効活用してあげた方が

よほどお子さんのためになると思います。

個人的にはですが。

 

親の意思を子供に代行させている意識、ありますか?

親がなぜ「子供のため」といって先回りするのかを掘り下げてみると、

「失敗させないように」

以外、理由はないでしょうね。

 

その「子供のため」というのも、

わたしから言わせてもらうと単なる名目にしか思えないのですけれどもね。

 

親のエゴ、の間違いでしょう。

 

f:id:rioplus:20161003100740j:plain

 

日本では失敗が「許されない」雰囲気が

いたる所で蔓延している気がします。

 

それは単に学校教育の洗脳のなせるわざですので、

本来おかしなことだと思うのです。

 

初等教育でおかしな価値観を叩き込まれたまま、

それが正しいと思って育ってしまいますから、

抜け出すには大変な努力が要る場合があるわけですね。

 

要は親もその洗脳から抜け出せずに親をやっているから、

自分が正しいと信じたいことを、子供に疑問も持たずに押し付けるのでしょう。

 

そう、

「信じていること」ではなく、信じたいことが実際に近い気がしますね。

 

親や学校の先生が、
反対するほうを選んでおけば、
たいてい間違いない。
千田琢哉

 

なのでレールを敷いてあげるというのは、

親の責任感から生まれた考え方や行動ではない気がするのです。

 

親御さん本人は否定するでしょうけれども、

「自分の言うことに間違いはないのだから言うことを聞かせたい」

意識がベースにある気がしてならないのですね。

 

それは、子供をコントロールするという以外、なんというのでしょうね。

 

先回りで子供を支配している自覚が薄いか、

その自覚自体なく行動しているようにしか聞こえないわけです。

 

自覚がないのが一番性質が悪い

ですのでね。


子供に期待をかけるのは結構なことです。

でも問題だと思うのは、

子供さん自身が本当にやりたいと思っていることかどうかを、

きちんと考えたうえでの行動なのでしょうかということですね。

 

親子で同じ方向を向いているなら何の問題もありませんが、

期待をかけるといって、

親が自分の意思を子供に代行させようとしているのではないでしょうか?

 

親の意思から出たものであれば、

親自らが勝手にやったらいい

と思うのは、おそらくわたしだけではないはずですが。

 

親がやらせたくても

子供がやりたくなかったら、それは無理ですよね。

でも子どもがやりたいなら、そのままで最高です。 

イチロー