読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「心の声」を抑えつけてモヤモヤするのはやめましょう。

自虐的な人に出くわす事ってありませんか。

 

わたしはぐずぐずしていることがキライなため、

そういう人は基本的に得意ではありません。

 

せっかちなのもあってすぐにイラついて、

で、どうして欲しいの?

と突っ込んでみたくなることはありますが、

基本話を伺うことは控えています。

 

でも近頃の自分の周りにいる人にその例外がいます。

 

付き合い自体は短いのですが、

なんとなくフィーリングが合うとこちらが感じているせいか

それが伝わるのでしょうね。

 

それで相手もおそらく安心してしゃべってしまうのでしょう。

 

わたしは無力ですのでどうして差し上げることもできませんが、

常識をわきまえている人の話なため、つい聞いてしまうわけです。

 

「過去の栄光」なんて邪魔なだけ。

学校が終わってから勤めた職種と、

おそらく会社自体も、

その人にとっては「過去の栄光」として手放せないものがあるのでしょう。

 

失礼過ぎるので、

直接そう言葉として聞いたことはありません。

 

ただ相手が一方的に話してくれる内容を繋ぎ合わせると、

カンタンに感じ取れるものがあるわけです。

 

どういう経緯を辿って現在の「境遇」になったのか、

それも推測するだけで聞いてはいません。

 

おそらく突っ込んで欲しいのでしょうが、

聞いたところでわたしには対処できないので聞かないのです。


今の状況に不満があってもどうにもできない自分にイラついている。

 

それを表には出さない代わりに自虐的になる。

 

どうにもできないと勝手に「思い込んで」いて、

こんなもんだと諦めるのを自分に言い聞かせようとしている。

 

よほど物を感じない人間でなければ、

話のしかたからありありとわかるわけです。

 

不自然な思考ですね。

疲れるでしょうね。

 

要らないものなんてすぐ捨てるわたしにはムリです。


具体的にその人の発言を引用すると

「自分はダメ人間ですから、それを極めるのが人生の目的かな~」

「とりあえず自分の好きなことをできているだけ、それで満足しているんです」

「〇〇(※ご自分の名前)って名前の人間は、おかしな人が多いんですよ」

「30過ぎてもまともに社会に適合できないんですから、終わってますよね~」

など、

まぁひと言で言うなら

めんどくさい人

なのですね。

 

誰にもダメ出しされているわけでもないのに、

そういうことを自分から言うことで

他人に否定して欲しい感がみなぎっているわけなのです。

 

甘えてますね。

そんな優しい他人、いないと思いますよ。

 

最初はわたしもめんどくさい人だなと思って、

まともに話を聞かないようにしていましたが。

 

それなりに観察していると、

その自虐発言をしない時のその人は、

けっして救いようのない人とは言えないのです。

 

話していてテンポの良い会話ができるし、

ぐずぐずしているのは表面だけで、

根っこからじめっとした陰性なものを感じないからですね。

 

自分でそこまで卑下するのは、

現在の周りと自分を比較しているからではないわけです、おそらく。

 

過去の自分と、過去の自分の周りにいた人が、

その人にとって比較の対象になっているんだろうなと感じるのですね。

 

比較したところで自分が不幸になるだけなのに。

 

なんて正論を他人が言ったところで、

本人が言葉として聞いたことがあるだけ止まりになるでしょうね。

 

f:id:rioplus:20161009221159p:plain

 

この人も間違いなく、

失敗が少ない人生を送ってきたのでしょう。

 

だから「過去の栄光」を手放せないフシが

不用意に言葉のはしばしに出てきてしまうのでしょうね。

 

すっきりするまで自分に向き合うって、絶対外せない作業ですよ

一個の道具のように自分を分析しなさい。

自分自身に対して

百パーセント率直でなければなりません。

欠点を隠そうとせずに、

正面から向かい合うのです。

オードリー・ヘプバーン

 

個人的に思うことですが、

本当に「ダメな人」というのは、

本人にその自覚は限りなくないに等しいくらい薄いということです。

 

自虐的な物言いはめんどくさいだけですが、

口に出せていること自体、どうにかしたい表れだと思うのですね。

 

本当にダメな人は悩むこと自体放棄しているはずですからね。

正確には、悩みもできないんじゃないんでしょうか。


日常に振り回されてその時々に反応してしまうと、

自分の心の声が自分に何を訴えているのか聞こえなくなるでしょうが、

モヤモヤしている状態って、単純に気持ち悪いはずなのです。

 

すっきりしないことの原因を突き止めるのって、

自分に向き合うことしかないでしょうね。

 

他人は話を聞くだけしかできないので、

他人になにか期待されてもなにもできません。

と思うのですよね、わたしとしては。

 

本当は不満に思っているのに、抜け出したいと思っているのに「これでい

いんだ。これが自分の人生だ」と無理やり自分に言い聞かせて過ごすよう

な人生は、絶対にまちがっている。

 

わたしの好きな一節ですけれども、

この人には、ぜひここまで自分と向き合っていただきたいものですね。

 

話はそれからだ。

 

夢をかなえるゾウ